去勢手術、避妊手術について

オスの精巣を摘出する手術を去勢手術、メスの子宮・卵巣を摘出する手術を避妊手術といいます。
犬・猫はおおよそ生後6ヶ月~12ヶ月で繁殖が可能になり、一度の妊娠で平均5頭の出産をします。
当院では、動物にとって優しい去勢・避妊手術を行うため、一頭一頭しっかりと事前検査を行い安全に最大限配慮して去勢・避妊手術に臨みます。
去勢手術、避妊手術は予約制になります。

去勢・避妊のメリットとデメリット

去勢・避妊により予防できる病気は、オスの精巣腫瘍・前立腺疾患・会陰ヘルニア・肛門周囲腺腫瘍や、メスの子宮蓄膿症・卵巣疾患・乳腺腫瘍です。
去勢・避妊により生殖器系の病気が大幅に減るため、皆様の愛犬・愛猫が長生きすることができます。その他、以下のようなメリット・デメリットがあります。

去勢手術のメリット

  • 喧嘩や喧嘩による怪我を防ぐ
  • 精巣や前立腺の病気を予防する
  • マーキングやマウンティング、脱走癖を軽減する(犬)
  • 尿スプレーや放浪癖を軽減する(猫)

避妊手術のメリット

  • 望まない妊娠を防ぐ
  • 子宮や卵巣の病気を予防する
  • 発情期の出血がなくなる(犬)
  • 発情期の夜泣きを軽減する(猫)

去勢・避妊手術のデメリット

不妊手術には、繁殖ができなくなる・全身麻酔が必要・肥満になりやすくなる等のデメリットもあります。持病のある子や高齢の子の場合は特に注意が必要ですので、まずはお気軽にご相談ください。

手術をする時期

発情がはじまる生後6ヶ月~7ヶ月が目安です。犬・猫ともに初めての発情期を迎える前に不妊手術を行うことで、約90%の確率で乳腺腫瘍を予防できます。さらにオスの場合は、尿スプレー癖(猫)やマーキングやマウンティング癖(犬)などの問題行動が軽減できると言われています。
10歳を超えても問題なく不妊手術を無事に終える子もいますが、5歳以上の犬猫は、より詳細な術前検査を行った方が安心です。また、メスの場合は発情期を避けて手術を行う方がよいでしょう。
去勢・避妊を考えているのであれば、愛犬・愛猫の体力のある若いうちに手術を行う事をお勧めします。

Copied title and URL